FC2ブログ

♪ fruitful basket ♪

てくてく歩いてどこへでも。食べた!飲んだ!を中心に好きなこと☆盛りだくさんに記録中。

プロフィール

青りんご

Author:青りんご
「ご縁」「経験する」「楽しむ」を大事に日々を過ごしています。有言実行派。というより、できないことは口にしない派。アリのように働きキリギリスのように遊ぶこの頃。踊りとお酒と旅が大好き☆47都道府県旅したことはちょっと自慢(´▽`*)
Twitter:主にお馬さんのこと、つぶやいています@aoringo252555

 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

2014. 04. 07

のんびりお花見

仕事に追われていた先週の平日。
一方週末は久し振りに練習がない!

ということで
金曜日は解放感いっぱいのお酒
巣鴨に集合。

飲み友さん「ソメイヨシノの発祥地って知ってる?」
私「奈良県じゃないの?」
飲み友さん「違うんだよ~~。ここ。」
私「!!!」

知っているようで知らないことって多いのですね。
「日本の桜」という図鑑を持っているのですが
身近過ぎてソメイヨシノのページは開いたことがなっかった

ソメイヨシノ・染井吉野
江戸末期から明治初期に、江戸の染井村に集落を作っていた造園師や植木職人達によって育成された。大和の吉野山(奈良県山岳部)にちなんで「吉野」「吉野桜」として売られ広まったが、この名称では吉野山に多いヤマザクラと混同される恐れがあるため、染井村の名を取り「染井吉野」と命名したという。
Wikipediaより


ということで
金曜の晩楽しすぎて記憶が…になった私は飲み友さんに泊めていただき
翌土曜日染井霊園をお散歩

巣鴨・駒込一帯が染井村、村全体が花園だったそうで
六義園や旧古河庭園も心惹かれたのですが
現在も染井の名が残るこちらを選択

霊園ですが
桜を見て歩く人、ビニールシートを敷いている人もいて
明るい?雰囲気でした(笑)

1713
1711
1714
1712
1716
1715
1718

染井吉野は種子ではなく接木などで増殖させるんですって。
クローン
日本中、そして世界へと広がるソメイヨシノが
もともと1本の木だったなんて


園内には江戸時代~明治時代の著名人のお墓も多くあり。
1717
高村光太郎さんと智恵子さんが眠っています。

高村光太郎さんの「道程」の一節
「僕の前に道はない。僕の後に道はできる。」
って真面目な学生だった頃の座右の銘(笑)
あれから○○年。道に…なったかしら…


巣鴨の駅前には桜の他にツツジも。
ツツジや菊作りを広めた土地でもあるんですって。
1720
1719
こちらは石楠花(しゃくなげ)、ツツジ科。
蕾がなんとも可愛らしい


日曜日はディズニーを素通りし中山競馬場へ
1721
ここでもお花見

夜は寒くて暖房が活躍
片づけたばかりだったのになあ。
これで最後になりますように。




スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://2525peacefullife.blog.fc2.com/tb.php/306-424a424a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |