FC2ブログ

♪ fruitful basket ♪

てくてく歩いてどこへでも。食べた!飲んだ!を中心に好きなこと☆盛りだくさんに記録中。

プロフィール

青りんご

Author:青りんご
「ご縁」「経験する」「楽しむ」を大事に日々を過ごしています。有言実行派。というより、できないことは口にしない派。アリのように働きキリギリスのように遊ぶこの頃。踊りとお酒と旅が大好き☆47都道府県旅したことはちょっと自慢(´▽`*)
Twitter:主にお馬さんのこと、つぶやいています@aoringo252555

 

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

2014. 08. 31

9月☆

わあ、もう8月が終わってしまう

現場でのお仕事を無事終え
嬉しいお言葉もいただき、本来の職務に戻ります。
夏の経験が秋からのお仕事の力になりそう

嬉しいことに暴君ハバネロ上司もいなくなる!!
嬉しい!!もっと働きやすい環境になりますように。

仕事へのやる気だけでなく
お稽古その他諸々へのやる気もup中

ここ数日涼しいせい?
それともUちゃんに言われたように
ようやく、6月までの疲れが取れたのかな?

バランスをとりながら、ガンバル~~


1864
外は青々としていたのに、熟し始めていたゴーヤさん。
完全に熟すと種がメロンのような味なんですって??一度試してみたい






とある方が泣いて相談してきてくれました。
こんなになるまで気づいてあげられなくてすまなかった。
私にできることをしたいと思う。








スポンサーサイト



2014. 08. 31

5日め 午後の乗馬で事件&遊牧民さん宅再訪

素敵なピクニックランチを終え
14:40頃、午後の乗馬スタート

再びツアーガイドのTさんについていただき、次の目的地へ
Tさんは本当にサービス精神旺盛で、また写真を撮ってくれました。

2791
2792
2793
2794

ダースベーダーじゃないですよ(笑)
強い日差し対策で
ヘルメットの下に帽子、ネックカバー、サングラスを身に着けたらこんな感じに(爆)


で、この写真、かっこよく?走っているところです。
ということはTさんも馬を走らせながら、振り返ったままパチリ、パチリ
馬の4本脚が浮いているところを撮りたかったんですって
Tさんの乗馬技術に感服




大分慣れてきた私。
この後草原を気持ちよく、遠くの山を見ながら走っていたら

あれ~~~、空が見えた
そして、くるりんぱっ


右手をついて綺麗に前転
小学校でマット運動やらされてよかったって初めて思ったよ(笑)
フラメンコのおかげで手首も柔らかくてよかった

草原にはネズミの穴が沢山あって。
遠くの山に見とれていて
相棒が穴に落ちないようコントロールできなかったのです

もちろんショックはショックだったのだけれど
それよりも、ツアーガイドのTさんのショック顔に驚き
励ます?ためにスクッと立ち上がって(笑)

さらに驚いたのが、バイクが駆けつけて来たこと
数百メートル離れたところから、遊牧民さんが見ていたらしい。
数百メートル・・・どれだけ視力がいいの

でもね、この落馬で恐怖心がなくなり
また来たい!!!って思っちゃいました




気を取り直し
牧羊犬たち(シェパード系)に「縄張りから出ていけ~」と吠え立てられながら
先ほどの遊牧民さん宅へ乗馬初日に訪れたお宅でもあります。
15:20頃到着

2795
落馬仲間のMさんと馬乳酒で乾杯~~

2796
遊牧民さん宅の冷蔵庫。鍵つきだった。

モンゴルの方は仲良しで
男同士でゴロゴロも普通みたい。韓国女子たちが手をつないで歩く感じ?
そして、家族だろうが通りすがりだろうが、特に力仕事は何でも協力しあう印象。

ゲルの中で少し休憩させていただいた後
お馬さんの乳搾りを見せていただくことに。

2797

2798
手前は横になっている仔馬たち。穴を掘って入っている子も。
地面に近い方が暑いんじゃないかなって思うんだけれど。

搾乳中。
2799

2800

仔馬(男の子)を触らせてもらって。
2801
びっくり顔の私。たてがみがあまりに柔らかくて
女の子のたてがみはもっと柔らかかった。人間と同じですね。

2804

2802
可愛くて、目をハートにして触りまくる私。
後ろの遊牧民さんが先ほどバイクで駆けつけてくれた方。

2803
小尻に長く細い脚。憧れ~~


16:30頃、遊牧民さん宅出発。
いつもの井戸に立ち寄り、馬たちにお水をあげて帰還。
2805







2014. 08. 30

5日め 乗馬でピクニック

この日の乗馬は長丁場。
朝から夕方まで、ゲルには戻りません。
青空トイレの準備もして、馬たちが待つ場所へ

2774
2775

準備が整い、出発~~
この日私についてくれたのは、ツアーガイドのTさん。

まずはいつもの井戸で馬たちの水分補給。
疲れてきた私はもう、水汲みのお手伝いができない
ガイドさん達にお任せ。

2778

また牛たちがやって来た

2777
2776

「私にも飲ませてーー」
2779

アイルランドで牛に威嚇されたことのある私。
警戒気味に見ていたのだけれど
モンゴルの牛は馬と同様おとなしく、可愛かった。
顔が優しいでしょ?

馬と牛とガイドさん達と、いつも同じ姿の私(笑)
2781
毎日訪れた井戸、思い出の場所で

2780


ここからまず目指した場所は湖。
乗馬中は写真が撮れないのでここに記録できないのだけれど
・・・
白く広い窪地に水がちょびっと。
湖というより池、湖の跡かな。


そこを通り過ぎると、羊と山羊の群れに遭遇
2782

上から撮っているのがわかるかしら?
ツアーガイドのTさんが
来年の年賀状に使えるようにと、馬上から撮ってくれました。感謝

2783

群れの中を通ってはいけない
ということで羊たちを避けながら乗馬を継続
草むらの中に横たわるアウトローな山羊に驚いたり
背の高い草の中を走ったりしながら、昼食の場所、丘の上へ。

先に到着していた馬のガイドのガナさん。絵になる~~
2784

2785
2787
いっつも顔をくっつけて寄り添いあう馬さん達


しばらく待っていると
遠く、遠く、遠くの眼下に車の姿

待ってました!ランチ到着
2786


準備を整えていただき、13時過ぎ?いただきま~す
2788
2789
あれ、ハートはまずかったかな(笑)








2014. 08. 29

5日め 羊と山羊と朝のアクティビティ

7/29(火)   夜・強風

日の出を見たくていつも早起き
2763

2764

日の出からしばらくすると、可愛い声が聞こえてきた
2765
来た!
2766
2767
2768
あ~あ、行っちゃった。
2769



朝食後のアクティビティ。
この朝は弓を用意してくれていました。
2770

弓はブフ(モンゴル相撲)、競馬と並び
モンゴルのお祭り・ナーダムで行われる競技

挑戦
2771

ツアーガイドのTさん。
2772

ひゃあ~~、構えが全然違う
もちろん、私はへたっぴでした

2773







2014. 08. 28

4日め 食事

朝食@黄色いテントの下
ピクニック気分で、気持ちいい~~

2747
「スーテイツァイ」(ミルク入り茶)
レンガ状に固めたお茶を削って煮出し、牛乳を加えたもの。塩味。
牛乳が新鮮なのか、脂肪分がほんのり浮いています。

パン
2749

卵焼き
2750

またしても、お粥さんと海苔を撮り忘れ

お気に入りの1枚。よくしていただいたMさん、Fさんと
2748
Mさん、見つけたら連絡ちょうだいねーー



昼食@食堂ゲル

2751

2752
2753

2754
2755
ロールキャベツ風のものが出てきて驚いた



夕食@食堂ゲル

2756

「ボーズ」 激的に美味いっ
2757
2760
お醤油をたらすともっと美味い
2759

美味しすぎて記念撮影
2758
二の腕!

この日の乗馬中、馬のガイドのガナさんに
好きな食べ物をたずねたらこの「ボーズ」とのこと。
翌日、早速感想を報告
ちなみに2番目に好きな食べ物は「スパゲッティ」ですって。カワイイ(笑)


で、この日のお肉はラム肉だった模様
前日、食堂ゲルに向かって赤い塊をぶら下げて歩く姿を目撃。
新鮮なお肉をいただきました。感謝。
なんでも頭は鷹が持って行ってしまったってワイルド

2761



晩酌
2762
エールタイプのこちらで。

一人外飲みしていたら
ツアーガイドのTさんと、同行のMさんが来てくれて楽しくお喋り
モンゴルのことをいろいろ教えていただき
もっとモンゴルのことを知りたくなっちゃった



2014. 08. 27

4日め 乗馬一人立ち

朝のお散歩 →朝食 →乗馬へ

乗馬3日めのこの日からレベル別で。
私はもちろん初心者クラス。といっても一人
馬のガイド、ガナさん(25歳、大学生)とのんびりと。
って、ガナさん私には20歳だって言ったのに。なんでサバを読む?(笑)
15歳から馬のガイドをしているんですって。


<memo>
モンゴルは日本の学制とは大きく違うらしく
17歳で大学生の女の子もアルバイト?でいました。お医者さんを目指しているんですって。
モンゴルで女性が働くのはあたり前で(少し前まで社会主義国でしたものね)
お医者さんや教師は女性が多いそう。
収入のある女性が多い →離婚率も高いんですって。
で、親の援助を得ながら大学生のうちに結婚し、嫁ぎ先の労力にもなるとか。


なるほど~~


さて、乗馬中は旅行会社用意の日本人向け鞍を使用。
2739

こちらはモンゴル鞍
2740
小ぶりで飾りも綺麗な印象。
馬が走り出した時に立てる位置にあぶみがついているらしい。

2741
出発前に私も乗せていただき。Mさんお気遣いありがと~う。


午前の乗馬は目印の山の一つ、東の方の山へ。
ガナさんの横や後ろを引綱なしでパカパカ。
速足もできるようになった~~


駆け足で遠回りしてきた上級、中級の方々と合流。
2742


いつもの井戸によって帰還~~







午後の乗馬は東南方向の山へ


草原の中でガナさんが「馬から下りて。離れて、離れて。」
私???

あら~~~???
馬が1頭、遠くから疾走してくる。向かってくる

その後ろからバイクに乗った人??
いえいえ、馬に乗った人。めちゃめちゃ速い

疾走してきた馬がガナさんの横で止まったっ

Mさんが落馬し、身軽になった馬が
仲間の馬(私たち)を見つけて走って来たんですって。
馬の能力も、ガイドさん達の能力も、本当にすごい


疾走してきた馬を
追いかけて来たガイドさんに引き渡して再出発


目的地の山に到着~~。
途中から石がゴロゴロし始めたので、馬たちを置いててくてく。
2743

2744

もう少し上へ。

2745

2746


草原をギャロップして帰還。
乗馬3日め、通算12時間でここまでできれば上出来かしら?







2014. 08. 26

4日め 朝の散歩

7/28(月)  →夜、西から強風

毎朝、砂漠方面にお散歩に行っているFさん。
「起きられたらついて行きたーい」と言っていた私を待っていてくれた前日(嬉)
すっぽかしてしまったので、この朝はしっかり待機

2722

って、お手洗いから戻ったらFさんがスタスタ歩いて行く後姿が。
急いで追いついて、5:00過ぎ、出発~~

2723

程なく、日が昇ってきた
2724
なんだろう、すごい
山と山の間から太陽がついてます

南、砂漠地帯に向かっててくてく
2725

2726

ウサギの足跡かな?
2728

これはFさんと私が滑り降りた跡(笑)
2727

2729

美しい

以前サハラ砂漠で
「音のない音」(と勝手に呼んでいます)に驚いて。
今回も・・・のはずがFさんとずっとお喋り。

ご家族のことを話してくれたり
男性の見分け方を教えてくれたり(笑)
何でも経験すること
自分の頭で考えて動くことが大事だと実践させてくれたり。
思い出になりましたよ。感謝

2730
とても冷たくて。あまり長く裸足でいられなかった

2731
滑り降り2回め。ゴビ砂漠にマーキング

2732

ネズミの穴かな?
2735

2733
2736
草原にも砂漠地帯にも動物の骨が

骨以前の死骸もあったり。
自然に朽ちたり、他の動物の糧になったりするのですね。
モンゴルのゴビ砂漠からは
いい状態の恐竜の化石が出ると知っていたけれど、なんとなく納得したのでした。


2734
滑り降り3回め(笑)


2737

帰りは私が先頭で道案内。
と言っても道はないので
太陽と山を目印に砂地、草地をてくてく

上ったり下ったりを繰り返し、ゲルが見えてきて一安心。
Fさんには長々とお付き合いいただいて、7:30頃ゲルに到着!

2738







2014. 08. 25

3日め 食事

朝食
2708
2709
先に口にする、食パンではない方のパンが美味しくて。
いつもなかなか食パンまで手が伸ばせない

2710
お粥さんと韓国海苔。

2712
毎朝卵料理が出てきたけれども、モンゴルの人は食べないんですって。
確かに!5家畜に含まれていない。

2711
できたてヨーグルト。逆に、乳製品は身近で豊富みたい。

朝からパンにご飯に、食べ過ぎ~~



昼食
2712

2713

2714



夕食
2716
ビーツのサラダ。

2717
まさかのパスタ(笑)

2718
ぷよんっとした食感。


晩酌はこちら
2715


わあ、足が長い
2719
夕食を終えてもまだ日が。


黄色いテントの下で一人夕焼け観賞。
2720


場所を変え、ゲル前で皆さんとお喋り。
2721


ようやく大空に、満天の星と天の川が見られたのでした







2014. 08. 24

3日め 乗馬、そして砂漠へ

朝食 →シャガイの後、午前の乗馬へ

2694

2695

まずは前日と同じ、井戸へ。
2696
もちろん、私も水汲みを頑張って

2697
近くで牛さん達が見てた

前日に引き続き
並足中心にのんびりと草原を巡って、午前中は終了。

同行のMさんから
「馬のお腹に踵をつけるようにするといいよ」と教わり
心に余裕を持ってギャロップができるように







午後は砂漠地帯へ

滞在していたバヤンウンジュールはゴビ地帯(半砂漠地帯)。
ゴビ砂漠(世界4位の広さ)の北の端に位置しています。
この地名か、キャンプ地名「アル・ブルド」がそれを意味している?って
ガイドさんに教わったのに・・・はっきり覚えていない。誰か教えて


少し背の高い草の中を進んでいくと
これまでの草原とは違う景色が広がっていて
2700

2699
砂丘の上で一休み。

2701

2704

2702

2703

2707

2705
大きなお尻には、痛くならないようにタオルを入れてます(笑)

2698

2706

なぜか砂漠に心惹かれる私。
この旅の大きな目的達成


午後はツアーガイドのTさんがついてくれて、引き馬から卒業する準備。
1人で乗馬したり、片手だけで綱を持って乗馬したり
早足ができるようになったり。
ガイドさんをよく見て真似するように心がけて。

習うより慣れろのモンゴル乗馬
古美術鑑定家の中島誠之助さんが言っていたけれど
「教えてもらったらそれ以上は身につかない」を実感







2014. 08. 23

今週の記録

現場で子ども達と接している今月

今週はLD(学習障害)を抱える6年生と一緒に勉強をしました。
3年生配当の漢字「業」を一緒に学習中
「卒業」という語句が出てくると「今度学校卒業なの」って。

勝手ながら
中学進学後、この子を待ち受ける困難を想像してしまって
そんなことないのかもしれないけれど・・・。

悪いこと・悪い人から守られて、幸多い人生となりますように☆


そしてその晩、フラメンコのコンクールを観賞。
うーーん、考えちゃいました

自由に、好きなことに邁進できる人生。
体の機能のために苦労がちな人生。

比べる必要はないのかもしれないけれど・・・

ただ、真面目に生きようと思う

2790
ハート



今週はなんと5週ぶりにお稽古に行ってきましたわ~~。
振付はもちろん、ストレッチ、基礎練習から不味かった
ここで立て直そう!


そうそう
「世界の車窓から」でモンゴル編が8/25(月)から始まります。楽しみ



涼しい土曜日。
明日も過ごしやすいといいな。







2014. 08. 23

3日め 朝のアクティビティ

7/27(日) 

美しき日の出
2685


朝食後にアクティビティ。
2690

2686

2688

2687

2689

「シャガイ」という家畜のくるぶしの骨を使った遊び。
板の上に乗せたシャガイを指で弾いて
遠く離れたシャガイを飛び散らせる、というもの。

ちなみに
モンゴルの家畜は「5家畜」と呼ばれ、馬、羊、山羊、駱駝、牛が該当。
この時のシャガイは羊さん


教えていただき挑戦!
2691
指の形が難しく思ったようには飛ばず。
でも初めてにしてはそこそこだったらしく、褒めていただいちゃった

それからこの写真。
「モンゴル人ぽい」???と職場で大うけ
乗馬時にヘルメットを被るため
低い場所で三つ編みをしているだけなのに




ラクダさん達がキャラバンに出発。いってらっしゃ~い
2692

あらら(笑)

ダッシュしてくるラクダが1頭
2693
人も乗っていないのに、ちゃんとキャラバンを追いかけていくなんて!
でも途中で歩き出しちゃった。カワイイ
乗馬経験者の皆さんにくっついて行く私のようでもあり、思い出の1枚







2014. 08. 22

2日め 食事

食事はコース料理のように1品ずつ出てきました。
だから写真も多いの

朝食
2673
手前のパンが美味油で焼いているのかな?

2674

お粥さんと海苔を撮り忘れ。


昼食
お昼ご飯が一番ガッツリ

2675

2676

2677
牛肉です。


夕食
2679

2680
牛肉。

2681



こちらのお料理はどれも美味しくて
普段はこんなに食べないのだけれど
体力勝負だったこともあり、常に残さず完食

食べられない方は
だんだん可哀そうな感じになっていらっしゃって。
繊細じゃなくてよかったとつくづく実感。



晩酌のビール
2678
昔の首都名・・・が商品名。コクがあって美味しかった

冷蔵庫に入っているのだけれど、冷えてはいなくて。
お水につけていたものを奥から出してくれたけれど、それ程でもなくて。

毎回文句を言っている方もいらっしゃったけれど、草原ですからね
十分ですよ。こういう方がかえって思い出になる


遠く、西の空で繰り広げられる天体ショー
2682

2683

「モンゴルで花火大会だね~」って、皆で楽しみました







2014. 08. 21

2日め 乗馬スタート&遊牧民さん宅訪問

草原滞在中の一日はほぼこんな感じ

5時頃 目が覚める
日の出を見たり、お散歩したり、
ゲルの中でお茶を飲みながらのんびりしたり

8時 朝食@食堂ゲル、または黄色いテントの下
食後はアクティビティ

10時~12時 乗馬
馬のガイドさんがその日の空などを見て案内してくれます

13時 昼食@食堂ゲル

15時~17時 乗馬

17時半 シャワー@シャワー用ゲル

19時半 夕食@食堂ゲル
食後は外で歓談したり、天体ショー(雷)を見たり、星を見たり

23時頃 就寝


食べて、乗馬して、休んで、
食べて、乗馬して、休んで・・・健康的(笑)

午前と午後、それぞれ2時間だけの乗馬って物足りない?
いえいえ、初心者の私も、上級者の皆さんも満足でしたよ!
暑さの中、あれ以上長い時間はきっと難しいだろうなあ。

2664
「アルブルド・ツーリスト・キャンプ」の看板?


10時40分頃
初日、午前中の乗馬スタート

乗馬初心者の私と
草原乗馬は初めての方々もいらっしゃるので、まずは並足で
しかも私は馬のガイドさんに引いてもらって、パカパカと


最初の目的地は井戸。
ここで馬たちに水を飲ませます。
馬が水を飲むのは1日1回か2回。草に含まれる水分で賄えているらしい。

2666
ツアーガイドのTさん。
黒いお馬さんが私の相棒。モンゴルの方は自馬でも名前はつけないんですって。

2667

私も相棒のために水汲みしますっ
2665
すごい姿でしょ?(笑)(笑)(笑)何事も体験!経験!!

2668
水が飲めるぞ~~とやって来る牛さん達。

引き続き
パッカ、パッカ並足で草原を散策し、12時10分頃ゲルへ帰還。





15時、午後の乗馬へ出発
どこに行くのかしら?


私たちに馬を貸してくれた遊牧民さんのゲル訪問でした
2672

酸っぱ~い
2669
「アイラグ(馬乳酒)」(馬の乳に酵母をいれ撹拌発酵させたもの)を頂いて。
アルコール分はわずかとはいえ、初めての乗馬中なので控えめに。

2670
チーズを作っているそう。

2671
遊牧民さんの馬の群れ。


帰路についたら雲行きが怪しくなって。
ポツ、ポツっと降り出したら、皆が走り出した

馬は群れで暮らす生き物。
回りのお馬さん達が走りだしたら、私の相棒も走りだします
馬のガイドさんに引かれながらも、初日から駆け足
怖いなんて言っていられない。ガンバルーーー

17時20分頃、帰還。
1日めからお尻が痛くなっちゃった







2014. 08. 20

2日め 朝

7/26(土)  →夜

「わあ、なにこれ~~~

朝方、ゲルから出てびっくり(゚д゚)!
こんな場所だったんだ~~~~

2657

2656

2658

2659

2660

2661

2663

2662


広-----い空と、広-----い草原。
何を見て、聞いて、体験できるのか。楽しみ、楽しみ








2014. 08. 19

1日め 食事

7/25(金)の食事

ランチ@成田空港
2650
微妙な時間しかなくて、買い食い。


機内サービス
2651

16:30頃機内食、ディナー・・・かな?
2652
チキンと白ワインを選択。ビールはこの時間ないって


0:00近く。ゲルで出た食事。これもディナー??
2653
キャベツのサラダ。

だんだんと・・・

2654
煮込んだビーフとごはん。

電気が・・・

2655
さくらんぼ

点いた(笑)


こちらのゲルの食事は
おそらく日本人向けにアレンジしているのだと思うけれど
滞在中、すべて美味しかったですっっ







2014. 08. 18

1日め 移動

7/25(金) 日本・晴れ/モンゴル
自宅からモンゴル・バヤンウンジュールへ

12:40@成田の集合時間を目指して
通勤ラッシュの時間を避け、ほんの少し余裕を持って出発

「東京駅から成田空港まで900円で行ける」との情報をいただき
都内まで電車の定期券で出て、バスに乗車
時間もそんなに変わらないのに、2700円も浮いちゃった

2635
東京駅八重洲口

2636
バスの車窓から。いってきま~~す


12:40に集合場所へ。
同じツアーの方々と顔合わせ。
私の他に男女2名ずつ。
モンゴル乗馬のリピーターさん方々と日本で乗馬をなさっている方々。
乗馬初心者はまさかの私だけガンバルっ

2637

後でわかったのだけれど
皆さん私の親世代くらいで、「体が動くうちに行こうと思って」って。
それ、私の口癖・台詞だったんですけれど~~
まだまだ早かったですね(反省)

皆さん今を生きている!


2638
MIATモンゴル航空502便 20分遅れ、15時に離陸
5時間20分程の空の旅を楽しみます♪

のはずが・・・あれ、座席前にモニターがない
2643
モンゴル語と英語で書かれた雑誌を見て過ごして。
「ナーダム」や「モンゴル人バレーダンサー」の記事が面白かったな。

富士山が見えた
2639

日本の、どこかの半島かな?
2640

さあ、大陸上空へ
2641

2642

緑が少なくなった。
2644

もうゴビ砂漠かな?雲の影が美しい
2645


着陸時大きく揺れたものの、無事に入国 
2646
モンゴルだ~~どんな国なんだろう。

2647
チンギスハーン国際空港入り口

19時20分頃、ガイドさん、ドライバーさんと合流。
ここ、ウランバートルから南西に約150㎞、約3時間車のドライブ

走っていくうちによくわかりました。
ガイドさんが何度も言っていたけれど、時間はあくまでも目安。
日本のように舗装された、灯りのある道を行くわけではないのだから。
異文化体験、異文化理解

2648
「高速道路」とのこと。

最後の方、1/3くらい?はこんな感じ。
2649

でっこんぼっこん、激しく揺れます。
ウサギや鳥が草むらから登場したり。遠くの稲光が綺麗だったり。
ぽつーんと遠くに明かりが見えると、もうすぐ到着かと期待したり。
実際には車や遊牧民さんのゲルだったみたい。
目が離せず楽しかった(笑)

草の中を進んでいき
ドライバーさんが急に曲がると、また道が現れる。
山を目印にしているそうなんだけれど、私には何も見えなかった。
すごいよ、ドライバーさん!



23時半頃かしら。
6泊するアルブルド・ツーリスト・キャンプに到着
オーナーさんや若者たちが待っていてくれて荷物を運んでくれました

でも、真っ暗。おまけに雨風。草原。
おいて行かれないよう
オジサマの腕にしがみついて、必死に歩いてゲルへ。

ゲルの中は蒸し暑く、虫さんもいっぱーーい
布団を頭までかぶって、汗びっしょりになって眠ったのでした。








2014. 08. 17

準 備

7泊8日で楽しんできたモンゴルの旅の記録を本日から


「今年の夏はブータンに行こう!」と決めていた年初。
「もっとアクティブな旅がいいな」
「また砂漠に行きたいな。ラクダに乗りたい」
「でもアジアの国がいい」と春には気持ちが変わり
「丸5日間草原や砂漠地帯で乗馬ができ
ラクダにも乗れる」
という今回のツアーを発見
全く頭になかったモンゴルで、乗馬に初挑戦することに


◆ 予備知識 ◆
モンゴル国 (Wikipediaより気になったところを抜粋)
・東アジア北部に位置する国家。
東と南を中華人民共和国(中国)・内モンゴル自治区と
西を中国・新疆ウイグル自治区と
北をロシア連邦とそれぞれ接する内陸国。首都はウランバートル。
・人口およそ287万、人口密度2人/k㎡ (ただし、人口の半分が首都に集中)
・1992年2月13日社会主義を放棄
・2010年のモンゴルのGDPは約58億ドルで、鳥取県の4分の1程度の経済規模
・1日2ドル未満で暮らす貧困層は115万人と推計され、国民の40%以上を占める
・日本のODAにより、ウランバートルのライフラインは安定化
・平均月収30,000円、平均寿命 男性65歳、女性74歳


そういえば、3月の博多の旅で「元寇防塁」を見たんだっけ。 →その記録はこちら
また点、点と学習した歴史がつながる
実際に来たのは中国や朝鮮半島の人たちがほとんどだったんだろうけれど
モンゴルから福岡まで。すごい民族だっ!!


◆ 荷造り ◆
気軽に申し込んでしまったけれど
電気や水に不自由する土地。怪我の危険もあり。
いつもよりもずっと荷物が多くなって、16㎏
2634

○で囲んだものは普段持っていきませーーん。
「馬が驚くので明るい色を避けるように」とのこと。
ウランバートルも治安が悪いそうなので目立たぬようにしようとしたら
地味ーーーーな感じに。テンションが上がらない(笑)

マグカップ、ハサミ、ヘッドランプ、目覚まし時計、
電池、カメラの予備バッテリー(5日めに交換)等々普段持って行かないものを詰め込んで。
ようやく気付いた!フツーの海外旅行じゃない(笑)


女性にしては荷物の少ない私。ご参考まで。7月下旬の旅です。
<持って行ってよかった>
・虫よけ・・・特に雨上がりは、いろんな虫さんがたくさんで
・かゆみ止め・・・虫だけでなく、葉っぱでも痒くなったみたい
・除菌ハンドスプレー・・・手にも服にも大活躍
・湿布・・・疲れた足や腕に貼って眠ったり、落馬して打ったところに
・のど飴・・・乾燥で、知らず知らず声が擦れ気味に

<必要なかった>
・セーター、カーディガン、パーカー・・・ゲルの中は暑くて、羽織物は1枚あればOK
・Tシャツの下に着る長袖Tシャツ
・ストール・・・ネックカバーだけでOKだった
・アームカバー・・・乗馬中は長袖長ズボン、それ以外は日焼け止めを信じて
・ハンカチ、手ぬぐい・・・1枚あれば十分だった
・洗顔料・・・顔からつま先まで石鹸で(笑)お湯が十分にないので
・インスタントのお茶やコーヒー・・・ゲルでたっぷりいただけました
・お菓子・・・3食たっぷり、美味しいご飯だったので
・ピクニックシート、双眼鏡

<足りなかった>
Tシャツ、乗馬時のズボン、靴下
・・・宿泊施設で洗濯もしてくれたのだけれど
ぽんぽん着替えられるように持っていけばよかったな



◆ お金 ◆
アメリカドルを100ドル用意。
乗馬で滞在中にお金を使ったのは
馬のガイドさんへのチップ(5日間で5ドル)とビールだけ。
ビールは500ml=4ドル
お水は旅行会社から1日1L支給。食堂ゲルでもたっぷりお茶をいただけたし。

ウランバートルには半日の滞在。
お土産物を購入したり、お茶したり、飲んだりして、50ドル残。

2633







2014. 08. 16

博多どとんこつ@大宮

7/23(水) 大宮にてお仕事

遅いお昼は
朝通りかかって気になった博多どとんこつさんへ。
海外へ行く前に、日本食?ラーメンを食そうと

2628

2629

お昼はご飯または替え玉のサービスがあって・・・

2630
ダイエット中なのに、替え玉食べちゃった







2014. 08. 15

金曜の晩~~♪♪

仲良しさんとご飯を食べて、お喋りして只今帰宅🏠
元気をもらった~q(^-^q)

今週の休みは明日だけ。明後日は早朝からお仕事…。
今晩は飲みながらゆっくりしよーうσ(*´∀`*)









2014. 08. 15

オリエンタルビーチ@横浜

7/19(土) 女子会

先日の教室ライブに出演した
クラスメイト達の打ち上げに混ぜてもらい参加

夜の元町へ。
2621


お洒落で高級感のあるオリエンタルビーチさんへ。
一番に到着してドキドキ

先に揃った3人で乾杯 お疲れさまでした!!
2622
工夫されたカクテルも美味しそうだったな


お料理はシェアして。
「カニとアボカドのタルタル サウザンアイランド・ドレッシング」
2623

「自家製2色のチリソースの生春巻き」
2624


この辺りで全員そろったかな?
フラメンコの魅力や生活とのバランスなど、熱く語りながらパクパク
ドリンクもお代わりして


「・・・パスタ」
2625

「オリエンタルビーチスタイル ナシゴレン」
2626

女子会ですもの。しめはデザート一人一皿
2627
奥は仲間たちのチョコレートブラウニー?シフォンケーキ?
私は手前
「バナナとカスタードの揚げ春巻き シナモンの香り バニラアイスを添えて」

これにしてよかった~~


仕事ではなく、同じ趣味でつながっている彼女たち。
とっても有難い存在です







2014. 08. 14

魚盛@御茶ノ水

7/17(木) 呼び出し~

関西の旅を振り返ろうということで、飲み友さんと魚盛さんへ。

2612

乾杯~~
2613

なんだか、ばらつき感のある「お通し」
2614
とびっこが乗っている方をいただきっ

「ハムカツ」
2615
肉厚!ソースが合う

あっという間に日本酒へ
2616

「海鮮シュウマイ」海老だったかな?
2617
大きくて、食べ応えあり!美味!

飲み友さん、お腹が空いていたのか「大漁5点盛り」を注文
2618
5点盛り以上

「鯵のたたき、イクラ添え」
2619


・・・
美味しそうなものを目の前に、珍しく箸が進まなくなる私。
この時流行っていたお腹にくる風邪だった模様。
海外旅行前で、胃腸の調子を鍛えなくちゃいけないときに
帰路に備えて、この後はひたすらお水を


2620







2014. 08. 13

生菜宝楽

この旅のお土産は京煎堂さんの「生菜宝楽」

2608

一部はお土産として差し上げて
下記は自分のお腹の中に

「御縁の桜(小倉粒餡入り)」
2609

「胡麻味噌(栗餡入り)」
2610

「みつば(柚子餡入り)」
2611


「夏は冷やして食べると美味しいですよ」とのアドバイスに従ってむしゃむしゃ
周りではさわやかな柚子餡が人気でした







2014. 08. 12

帰路

7/12(土) ランチ →→

のんびりランチを終えた私たち。
「外は暑いから」という理由で
バスに乗って向かったのは国立博物館。

2602
あれ??何だか様子が
9/12まで休館でした。ちゃんとチェックしなくてごめ~~ん。

ちょっとテンションの下がった私たち
本当にもう暑いから、もったいないけれど帰ろうということに。


呑み助の旅は最後まで
2603
2604

車窓を楽しみながら
2605
同じ車がずっと並んでいてカワイイの

2606
浜名湖

2607
ラッキー富士山頂が見えた



新横浜で飲み友さんを見送って、今回の旅も無事終了
豪遊した~~~








2014. 08. 11

白碗竹快楼@京都

7/12(土) 最終日

のんびり起床してランチへ
祇園界隈を歩いていたら、飲み友さんが「見て!!」

なんと
前日私たちが乗っていたなにわナンバーのレンタカーが登場
今度は男性二人組の足になっていました(笑)

いいお天気~~
2589

2590

たまには真面目な感じでパチリ
2588

さてお昼は、この祇園新橋辺りで・・・と考えていて。
ちょっと時間が早く、開いていたお店は中華と焼き肉。どっちもいいぞ
決められない私たちは、じゃんけんで決定

じゃーん
2601
私が勝ったら中華ね!ということでこちらに
白碗竹快楼パイワンジュウクァイロウさん。

わあ、素敵
2598

2591
昼間のビールがますます美味しく感じるっ

いろいろ試してみたいし
飲みだしちゃったから、お料理はシェアしよう!

「海鮮春巻き」
2592
こんな春巻き見たことないわ。
お魚のすり身にえびとイカが包まれています。繊細

「焼き餃子」
2593
2595
どうしよ~~う
宇都宮よりも、浜松よりも、美味い餃子を長浜で見つけて数か月。
もっと美味しい餃子を見つけちゃった

飲み物は「紹興酒」へ。
2594

「五目あんかけ焼きそば」
2596
2597
う~~ん、贅沢


えっ!昨夜あんなにお腹に入れたのに、飲み友さんがまだ食べるって!
付き合いますよ~~

「豚まん(フカヒレ入り)」
2599
2600
はい、横浜中華街の豚まんより美味しかったです!!



目の前で作り上げられていくお料理が美味しいだけでなく
料理長さんも、女性店員さんも朗らかで人柄がよく
適度に話に付き合っていただいて。

京都でもう1軒、お気に入りのお店ができちゃった






2014. 08. 10

酒菜 栩栩膳(くくぜん)@京都

7/11(金) 京都の夜4軒め

〆はお気に入りのお店酒菜 栩栩膳さんへ。
1年で3回目の訪問。幸せ

2580


今回は2階のカウンターに通していただきました


4回目の乾杯はお気に入り、佐々木酒造さんの「美しい鴨川」
2582
2581
この場所で、このお酒。京都での大の楽しみ

そんなにおつまみはいらないんだけど・・・と言いながら

「京あげの田楽九条葱のせ」
2583

「焼きハモの湯葉あんかけ」だったかな
2584

ええっ!?!?
珍しく飲み友さんが〆のご飯を食べたいと
付き合いますかっっっ

「穴子天丼」
2585
美味いっ

「赤出汁」も。
2586
呑み助の身体に染み入る~~


お隣で、大きな声でお話していた同業のサラリーマンさん達も帰られて。
うふふ、勉強させていただきました


2587
また来られるように頑張ってお仕事しようね!!







2014. 08. 10

今週の記録

湿気はあるものの涼しい今夜
台風の進路が気がかり。被害が出ませんように。

さて、今週からひと月、久方ぶりに現場に出てお仕事中。
休憩する間もなく、真剣に取り組んでます

現場を知らないと的を射た仕事はできないわけで
とっても勉強になるし、なによりも子どもはかわいい!!


月曜日
電車内から虹を見た気づいた人いるかな?

ツバメさんも発見
2631
巣からはみ出そう(笑)無事に巣立ってね!


金曜日
現場でお世話になっている方々と。どこでも私の周りは酒豪ばかり(笑)
2632
明るい、前向きの方々って魅力的。私もそうありたいな










2014. 08. 09

SENT JAMES CLUB @京都

7/11(金) 京都の夜3軒め

パブでビール →納涼床で京都の地酒ときて
次はバーSENT JAMES CLUBさんで軽く1杯。

2578
大人な雰囲気の方々でいっぱい~。

こちらにも川床があって
勧められたけれど、私たちはもうばっちり堪能したからね
店内でまったりと。

2579


さて、次!お気に入りのお店に行こう







2014. 08. 08

よし菜@京都

7/11(金) 京都の夜2軒め、この旅のメインイベント


先斗町を歩き、予約していたお店よし菜さんへ。
2561
よかった!
昨年はお休みだったのか、見つけられなかったのよね。

暖簾をくぐると
2562

少ーし早かったので、こちらでお店の方とお話しながらウエイティング。
2563

呼ばれた~~
廊下をいそいそ歩いて川床へ
2564

初・鴨川納涼床で乾杯~~~~~
2565
2568
2566

お通し「とうもろこしのお豆腐」
2567

「とうもろこしのかき揚げ」と大好物「生麩田楽」
2570


大人な皆さんがワイワイ賑やかに。外国人の方も。
2569


さあて、美味しそうな日本酒にいきましょ!!
2571
「日本酒リスト」には5種類の京都の地酒があって。
その内3種類くらい頂いた記憶が

「鰆の西京味噌漬け焼き」
2572
これは!2人の好物
急いで口に運ばねば、とられてしまう(笑)

続いてまたお魚、川辺でいただく「鮎の塩焼き」
2573

「特製 胡麻豆腐」
2574
オススメだけあって、とっても美味しかった


お店の方とも話が弾んで
素敵な雰囲気を堪能していたら、いつの間にやら私たちだけに。
そろそろ次に行こうか(笑)


2576
2577



呑み助2人、先斗町公園のお山に駆け上って
2575
満月の前夜、京都の空に綺麗なお月さまも思い出







2014. 08. 07

Pig & Whistle @京都

7/11(金) 夜の部 1軒め


ここはどこでしょう?
2554
映画「ローマの休日」で有名なスペイン広場!ではないですよ(笑)

2553
流石!国際観光都市!!


レンタカー返却、ホテルにチェックインを済ませ
祇園の街から鴨川沿いをてくてく。
2555


この日1軒めはブリティッシュパブピッグ&ホイッスルさん。
充実の1日。お疲れさま~。乾杯~~
2556

なかなか登場しなかった「ポテトサラダ」
2557

1杯めを空ける頃、ピアノの生演奏が始まって
2558

もう少し聞いていたかったけれど、予約していたお店へ


三条大橋から見る先斗町
2559

渡り切ったところに「東海道中膝栗毛」の「弥次喜多像」ピンボケ
2560
いつも珍道中の私たちみたい(笑)








2014. 08. 06

世界文化遺産 比叡山延暦寺

7/11(金) サントリー山崎蒸留所 →勝竜寺城 →→

京都市内を走り抜けて次の目的地比叡山延暦寺さんへ

比叡山ドライブウエイから見える京都市内。
2541

二条城と御所の緑。
2542

京都タワーも
2543

琵琶湖も。お天気だったらもっと見えただろうなあ。
2540


到着!!
ふう~~、街中より涼しい
2544


今回は「東塔地域」の一部を見学することに。


重文「大講堂」
2545
2546

「鐘楼」
2547

1回50円で「運が開ける」とのこと。ついてみた
2548
「連打禁止」の注意書き(笑)


紫陽花がまだ綺麗でした。
2549

2550

2552


国宝「根本中堂(総本堂)」
2551


閉堂時間が近づき
長く濃い歴史に思いを馳せつつ、駐車場へてくてく。

琵琶湖まで足を伸ばしたかったけれどここまで。
夜に備えて京都市内にチェックイン








 | ホーム |  »