FC2ブログ

♪ fruitful basket ♪

てくてく歩いてどこへでも。食べた!飲んだ!を中心に好きなこと☆盛りだくさんに記録中。

プロフィール

青りんご

Author:青りんご
「ご縁」「経験する」「楽しむ」を大事に日々を過ごしています。有言実行派。というより、できないことは口にしない派。アリのように働きキリギリスのように遊ぶこの頃。踊りとお酒と旅が大好き☆47都道府県旅したことはちょっと自慢(´▽`*)
Twitter:主にお馬さんのこと、つぶやいています@aoringo252555

 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

2014. 09. 17

モンゴルのビール

ノミンデパートで購入した缶ビール4本しめて293円!!
小さい缶があればもう少し買えたのになあああ。
お酒好きのモンゴルの方々に、小さいサイズは不要なんだろうな(笑)


2002
これは友人にほとんど飲まれちゃった

2003
「一番搾り」的なお味。飲みやすく、喉ごしはフルーティー。

2004
こちらは「スーパードライ」的な(笑) 
よい香りがふわっと、すっきりさっぱり飲みやすい。
2005

2006
にがーーーい。しっかり味。アルコール度数は5.2%




長々続いたモンゴル記、完了
2007







スポンサーサイト



2014. 09. 16

モンゴル お土産

草原ではお金を使わず
ウランバートルには半日いただけなので
買い物に関してはかなり地味ですが、お土産物の記録を


◆ 市場にて購入 ◆ 5USドル
1997
ピンク色の岩塩
モンゴルは大昔、海の底だったんですって。だから今、岩塩が取れるそう。
って、モンゴルに行く前から、モンゴル産のお塩使ってました(笑)
お料理に使いやすいよう細かく砕かれたものを購入。
小分けにして、お料理する方々へお裾分け。

2000
チーズ
スモークの方はちょっと微妙・・・
Mさんオススメで購入したさけるチーズ?は
塩気が強めでお酒のアテにピッタリ



◆ フエルト専門店にて購入 ◆ 10USドル
1998
オレンジ色の万年カレンダーだけでよかったのだけれど
「お釣りがでない」とのことで一生懸命数字合わせ(笑)
ヤクのぬいぐるみと、グリーンのフエルトのピアス
ピアスはなんと1USドルだった涼しくなったら使おう



◆ ノミンデパートにて購入 ◆ 9USドル
2001
ゴールデンゴビ・チョコレート 会社で配るように購入。
一粒ずつ収まっているんだとばかり思っていたら
スティック状のものがどかーんと出てきて(゚д゚)!
一部の方にそおっと配りました


2034
Tシャツとキーホルダー
Tシャツはモンゴルから来て帰国。ガイドさんも笑ってた
旅先で変なTシャツを買うのが好きなんです
キーホルダーも即使用。



◆ 草原と砂漠にて ◆
1999
ゴビ砂漠の砂と石。
実は鉱物を集める趣味もあって。
草原で、ちょっと場所が違うと石も違って。気に入った石をピックアップ
石英のような石、グリーンオパールのような石も
小瓶に入れて飾っています







2014. 09. 15

8日め 帰国

8/1(金) 帰国~~

生ビールを2杯いただいてベッドの上で眠ってしまった私
途中で気がついてお布団の中へ。1時間半くらい、ちゃんと眠ったかな。

朝6時、ロビーに集合し、空港へ30分程で到着。
1991

ガイドのTさんともここでお別れ。
本当によくしていただきました
お陰さまでモンゴルのファンになりましたよ

1992
7時55分、離陸。 また来ま~~す


機内サービス
1993

この日2回めの食事。 チキンを選択。朝からビール
1994
この旅で唯一食べ残したのが、左奥のケーキ
う~~ん、甘すぎてキビシカッタ

改めてデザート(笑)
1995


13時20分、定刻よりも少し早く成田空港に到着。
けがせず、無事に帰国できた~~


入国手続きをしてロビーに出ると・・・
いたりして~~って思っていたら・・・


1996
テレビ東京「YOUは何しに日本へ?」のクルーがいた ラッキー(笑)







2014. 09. 14

7日め フラワーホテル

ウランバートルでの宿泊はホテル
1995年に日系資本で建てられたフラワーホテルさん。
なかなか大きい(広い)です。

1971

事前情報によると
停電やら停電やら、お水がでない、お湯が出ないは当たり前らしい
日本式大浴場もあって、そこでも停電が起こるらしい
部屋でゆっくりシャワーを浴びて帰国の途に着けたらいいな。


カードキーを受け取り、部屋に行くと・・・
女性が大きな声で電話をしながら、すごーく散らかった部屋をお掃除してる~~。
どうしたらいいの???

別の部屋を用意していただき行くと・・・
電気が一っっつも点きませんわ。
30分後オジサマが来てくれて、プレートを外して軽く工事
点きました~~。再び部屋を変えなくて済んだ

で、お部屋がこちら。
1972
エアコンではなく、窓の開閉で温度調整。

1974
TVはざざーーっと映ってます。

なかなかに写っていますが
床はギシギシ、カーテンはボロっと。鍵がしまったので、まあ、十分です。

そう、鍵。
鍵がしまらなかったお部屋もあったそう

また、中国の方や韓国の方が
夜中に騒ぎながら間違えて入ってくることがあるので
スーツケースでドアを抑えて用心しておく、とFさんから教わって。

なるほどですなあ。
日本国内出張時のホテルで
間違えてガシャガシャと開けられそうになったり
チャイムを鳴らされたりってあるけれども、ドアが開いちゃったことはない。
異文化だなあ。

1973
アメニティもあったけれど、使わず。
バスタブにたまったお湯がどうにもこうにも流せなくて
どこのお部屋もそうらしい。。。


1975
窓からの眺め。




翌、8日めの朝食。
朝5時過ぎにホテルのレストランへ。
ビュッフェでいろいろとあったけれど、軽く済ませて。
1976







2014. 09. 13

7日め 食事

昼食@ウランバートルのレストラン
1977

ビュッフェスタイル。
好きなお肉や野菜を選ぶと目の前で焼いてくれるコーナーも。
1978

1979
いっぱい盛ったなあ。
キムチと白ご飯も嬉しかった

1980
久しぶりに冷たいもの

お手洗いにはジェット・ドライヤーもあって。
草原との違いに驚き浦島太郎的気分(笑)



夕食@ウランバートルのレストラン
1981
お昼のレストランと同じ系列みたい。

1982
わあ、生ビールいっただきまーーーーす 3USドル

1983
トマトのソース(本当にトマトだけ)は珍しい。

1984

1985
「沙棘(サジー)のジュース」  
沙棘とは
中国やモンゴルなどの干ばつ地帯で育つグミ科の木で、その実のジュース。
マンゴーだと思って飲んだら、酸っぱい

1986
1つ多く注文しちゃったんですって。私に任せて

1987
ビーツ入りスープ。

1988
1989
羊肉

1990
ランチに続き、冷たいデザート。
ウランバートルがすごい街に思える







 | ホーム |  »