FC2ブログ

♪ fruitful basket ♪

てくてく歩いてどこへでも。食べた!飲んだ!を中心に好きなこと☆盛りだくさんに記録中。

プロフィール

青りんご

Author:青りんご
「ご縁」「経験する」「楽しむ」を大事に日々を過ごしています。有言実行派。というより、できないことは口にしない派。アリのように働きキリギリスのように遊ぶこの頃。踊りとお酒と旅が大好き☆47都道府県旅したことはちょっと自慢(´▽`*)
Twitter:主にお馬さんのこと、つぶやいています@aoringo252555

 

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

2014. 01. 11

三丹の旅18・完 再びマールブランシュカフェ

飲み友さんを置いて
ほろ酔いの私が向かったのはマールブランシュカフェさん。
この旅初日にも訪問 →訪問記はこちら

新幹線の中で食べようとケーキを2人分と
自分へのお土産に焼き菓子を購入
でも、険悪な雰囲気になって全て持ち帰り。
2つ食べられて、かえってよかった


箱も素敵~~
1157

じゃじゃーーーーーーん
1158

左 「丹波栗の新栗モンブラン」
1159
丁寧に再現された栗がカワイイ

初めてこちらのケーキをいただいた感想は…
ふわふわ
さっぱりした甘さ。でも栗の甘みがしっかり


右 「秋色メロディ(柿とアールグレイのカルディナール)」
1160
こちらもふわふわ~~
アールグレイのクリームを中心に
色々なお味がさっぱりと楽しめる
真ん中の柿のゼリーがしっかりとしたお味で美味しいっ


「丹波栗のスイートマロン」
1163
1164
がしっと重厚感あり。栗餡のような美味しさ
旅した地を思いながらいただきました
それにしても私はいつからこんなに栗が好きになったんだ?


お濃茶フォンダンショコラ「生茶の菓」
1161
1162
これはね、美味しすぎますよ~~~~~
ふわっ、しっとり口の中に広がる上品な甘さ
またすぐに食べたーーーーーーーい



幸せな気持ちにさせてくれる美しいお菓子。
もっともっといただきたかったな。大好きなお店です




スポンサーサイト

2014. 01. 10

三丹の旅17 最後の晩餐

舞鶴観光の後は
余裕をもって京都駅へ向け出発~~

途中「眠くなった~~」という飲み友を仮眠させるため
道の駅・和(なごみ)へ。
元気な私は新鮮な農産物を物色

1149
長閑で美しい景色に見入っていたら
おじいちゃまに「いい景色だね~~」って話しかけられ一緒に見物。
知らない人と一時を共有するのも旅のいい思い出


さあ、飲み友さんの充電完了!再び出発~~


私 「ここで高速下りるんだよ」
飲み友 「まだだよ~~」
で、京都駅を通り過ぎて長岡京まで行った私たち
たっぷりドライブできてよかったね

1150
まだ余裕があったので、雨の中京都駅付近をしつこくドライブ。


この旅最後の晩餐は
お目当てのお店が混雑していたので断念。
京都駅通路の旬彩和食 たちばなさんへ。
関西ご当地グルメでしめよう!と食事をセレクト。

京都府「おばんざい」
1152

大阪府「串かつ」
1153

兵庫県「明石焼き」
1151

楽しくて楽しくて、日本酒も進む
1154
旅人さんが多く
皆さんさくっと食事をして出ていくのに私たちは居酒屋状態(笑)

1155
美味しいお豆腐を追加~~かなりほろ酔い気分


立ち寄りたいお店があったので
新幹線の時間までほんのちょっと自由時間。


合流したら飲み友がまた仕入れてた!(笑)
1156
新幹線の中、「近畿味めぐり弁当」で軽く1杯


3日間運転を頑張った飲み友さんはお疲れモード。
日本酒で気分上々の私。
最後の最後に飲み友に怒られちゃった。
これも今となってはかわいい思い出だね




2014. 01. 09

三丹の旅16 田辺城

舞鶴観光の最後は私たちの好きなお城見学へ

1144

タイミングよくお神輿がカッコイイ
1145
1146

「田辺城」
1579年築城。別名舞鶴(ぶがく)城。
関ヶ原の戦いの前哨戦、田辺城籠城戦の話が興味深い

現存している建物はなく全て再建。
1147

こちらは天守台跡
1148
随分と小ぢんまり。現実的?な広さです




2014. 01. 08

三丹の旅15 赤と青の街・舞鶴観光

11/3(日) 最終日~☆

<memo> 舞鶴市 
青い海と青い空。リアス式海岸特有の起伏に富んだ地形。
港湾都市として栄え、明治から昭和初期にかけて
官舎や海軍施設を中心に赤レンガ建造物が作られた。
今でも赤と青のコントラストが美しい街として多くの人を魅了している。


この日は生憎の雨。
「青」は見られなかったけれど
大事な歴史のお勉強にはいい日だったかな。


まず向かったのは「舞鶴引揚記念館」
そこから少し車を走らせて「平引揚桟橋」へ。
1133
「岸壁の母」の歌で知られていますね。
終戦から13年、66万人余りの人々を迎え入れた場所。
街の中心部からは離れていて
ここからまだまだ歩いて故郷を目指したのでしょう…(飲み友談)

「舞鶴クレインブリッジ」
1134
過去の上に現代があるんだなあとしみじみ。

街中に戻って。

「赤レンガ倉庫群」
1140
横浜や函館に比べると一つ一つは小ぶりだけれど数はたくさん!


続いて「自衛隊桟橋」で護衛艦見学。
手続きをし、首から札をぶら下げて入場。
1135
1139

この日は文化の日で、年に6回しかないという満艦飾の日でした
1138
ピンクの線
「皆様は非常に運がよい」 
いいことたくさんありますように


護衛艦「あさぎり」 に乗せていただき見学。
1136
1137


たっぷりと見学をした後はランチ

海軍といえば…
「カレー」ですね!!

飲み友さんの「潜水艦カレー」
1141
コロッケが潜水艦、ウインナーが魚雷なんですって。
旗に大喜びの飲み友。何歳?(笑)

私は「ハヤシdeカレー」
1142

伺ったのは「割烹 弁天」さん。
ご主人が調理員として海上自衛隊に所属
潜水艦で調理を担当していたんですって
海上自衛隊の「割烹術」をいかしているそう。
シンプルで美味しかった。常連さんも多かったですよ


お勉強はまだ続き「海軍記念館」へ。
1143
こちらでも手続き、首から札をぶら下げて入場。
旧日本海軍の資料など貴重なものが200点ほど展示されていました。




2014. 01. 07

三丹の旅14 酒菜 大地の蔵 

竹田城、天橋立、伊根の舟屋と回り
たどり着いたのは京都府舞鶴市
眠くなる前に美味しいものをいただきに街へ~☆

ホテルの方に教わって向かったのは「酒菜 大地の蔵」さん。
老若男女、地元の方旅行客、大勢のお客さんで賑わっていました

まずは乾杯~
1123
飲み友さん、運転お疲れさまでした!

この日の出来事を振り返りながら美味しいものに舌鼓

私たちの好物「油揚げの炙り」
1124
薬味がたっぷりでgoooooooood

「シーザーサラダ」
1125
半熟卵を崩しながらいただきます。幸せ

この辺りからもう日本酒登場
1126

舞鶴は肉じゃが発祥の地なんですって。
残念ながら肉じゃがは品切れだったのでオススメの「肉じゃがコロッケ」
1127
1128

美味しかったので家でも作ってみたいけれど…
肉じゃがが残ることはなく、食べきっちゃうからできないな(笑)

ピッチピッチのお刺身
1129
ゴージャス
1130
漁港直送の新鮮なお魚

これまた絶品熱々「かぼちゃグラタン」
1131
手間暇かかったお味。いまだに思い出す程、美味しかった


大満足で夜更けの舞鶴の街を闊歩する飲み助2人でした
1132




 | ホーム |  »